プログラマは巨人の肩の上で遊んでいる

プログラミングなんて、出来合いの遊具で遊んでいるようなものだと思う。

たとえば ls コマンドでディレクトリ一覧が表示される。ただこれだけのことだって、過去に遡れば、無数の巨人たちの、膨大な積み重ねの上に成り立っている。

僕らはプログラミングのパーツを組み合わせたり、組み替えたりして使う。ひとつのプログラミングをするとき、本当に僕ら自身やっていることなんて、どんなに多く見積もっても、0.0001%もない。

99.9999% は巨人たちの力の上に成り立っている。僕らは巨人たちが力を動かしているのを、ただ見守るだけだ。