君はGithubに草を生やしているか

自分の場合、今は publicでの contributions がほとんどない状態。外から見た時になんとも寂しい感じ。以前、自分用のpublicレポジトリを一気に整理して消してしまったのが悔やまれる。なので今後はどんな無為に思えるレポジトリだって良いから残しておこうかなと考えている。

プライベート勉強用のレポジトリ向けでもなんでも良いので、草を生やしておきたいと思った。「コード書いてますよ!」と外から分かるようにしておきたい。それに、自分で芝生を見るだけでもモチベーションが上がるし、楽しくなる。どうせならエンジニアの勉強は楽しい方が良い。

個人勉強用レポジトリに気軽にPRを作ったり、OSSのちょっと気になるIssueを送ったり、どんどんやろう。エンジニアにはきっと気軽さが必要だ。

github.com/YumaInaura

private レポジトリを含めた時

スクリーンショット 2018-06-30 12.31.40.png

private レポジトリを含めなかった時

スクリーンショット 2018-06-30 12.31.54.png