若いうちの環境構築の苦労は買ってでもしろ

たとえばオフで勉強のモチベーションが上がらないとしたら、うまく動く環境がないせいじゃないだろうか。

快適な動作環境さえ作ってしまえば、こっちのものだ。動作環境というか、快適に手を動かせる準備さえ整ってしまえば。あとはやりたい放題。ハイウェイに乗ったみたいなものだ。

エンジニアの勉強でも、渋い部分と、甘い部分があるということに気付いているか。単に苦しいだけでもなく、単に楽しいだけでもない。今が苦い味わいだからと言って、ずっとそうだとは限らない。なので僕らはいち早く甘い部分に到達したい。そして掘り進む渋皮のトンネルを。

最初に苦労を味わっておけば、あとは甘い部分を堪能できる。ボーナスステージに移行する。環境構築の苦労は買ってでもしろ。

まあ、むしろ最初の苦労さえ甘く感じられたなら、そいつが最高なのだけど。

精進あるのみ。